NEWS

Pivot Tokyo 2020 スピーカー募集開始

コロナの流行によって、大きく変わった世の中が、これからどうなるのか、世界中の誰にとっても未知の領域となりました。
今後も訪れる変化に対応し、発展するには柔軟性が必須になります。競合しているばかりでは、意味がない世の中になりました。
同業種であれば、互いに手を取り合い、自分たちのいる業界をさらに良くするにはどうしたらいいか?
異業種であれば、互いに強みを差し出し合い、世界に新しい価値観を生むにはどうしたらいいか?
自らの考えを発言し、他者に分かってもらうことが今後不可欠になります。自分たちが「今の世の中に対して何を思うのか?」の声を上げること。そして、その「声」を多くのビジネスパーソンに届けることが、日本のビジネスの強化に直結します。

ぜひ、“Pivot Tokyo 2020”の場を活用し、多くの声を上げましょう!

>>>>応募はこちらから

【スピーカー 募集要項】

  • Pivot Tokyo 2020 セッションスピーカーとは? 

Pivot Tokyo 2020のセッションスピーカーは、「変化を迎えた世界で、自らのビジネスが社会を良くするために提供できることは何か?」を議題に、課題を提示し議論する各業界の代表です。事業主、パートナー、大企業、スタートアップ…それぞれがビジネスを展開する領域や規模は異なれど、世の中を良くすることにビジネスの観点から向き合い、互いに手を差し伸べ合う姿勢が求められます。

  • セッションスピーカーになるメリット

セッションスピーカーは、登壇月に米国で同時に開催されているカンファレンスのコンテンツへアクセスすることが可能です。
また、本イベントではスピーカー同士がネットワークすることを推奨しているため、これまで出会っていなかった方々と出会う場にすることで、新たなビジネスチャンスが生まれるきっかけにしていただくことが可能です。

  • セッションスピーカーの役割

モデレーターの進行に合わせ、セッションのテーマやどのような学びを提供するかに沿ってご自身の経験や、ナレッジを話していただきます。ご登壇にあたっては事前準備や、充実したセッションに向けて、スピーカーアイデアも提供します。

  • セッションの枠

1枠15分/週として、オンライン形式で実施します。

応募方法

募集期間:2020年 5月~
プログラム:毎週1~2セッション。Keynoteプレゼンテーション、パネルセッション。
対象者:大手事業会社、スタートアップ事業主、大手広告会社、メディア、プラットフォーマー
選出方法:ご応募いただいた方から審査の後、決定します。
応募フォーム:こちらの応募専用フォームよりご応募いただけます。
お問い合わせ先:speaker@vueloo.us

MEMBERSHIP

Pivot Tokyoが主催するイベント情報・その他海外カンファレンスのツアー情報はこちらから。

CONTACT

About speaking Pivot Tokyo, please contact us here.

Contact Us