世界最大のテクノロジーカンファレンスWeb Summitとは

世界最大のテクノロジーカンファレンス
Web Summitとは

ウェブサミットとは?

Web Summitは、2009年にPaddy Cosgrave (パディ・コズグレーヴ)を中心に3名のアイルランド人によってつくられたイベント。初年度はアイルランドのダブリンで開催され、400名程が参加。2016年には開催地をダブリンからポルトガルのリスボンへ移動。2019年は7万人を記録。
Web Summitの成長は世界的に見ても稀な急成長ぶりが世界で注目されています。2014年からはグローバル展開もしており、北米版Collisionやアジア版RISEもWeb Summit傘下で開催されています。

ウェブサミットの特徴

  • テクノロジー集団がつくるイベント
    自社内にデータサイエンティストやエンジニアを抱えており、イベントアプリも自社開発。計算されたUIで参加者の効率的なネットワークの場を創出。
  • 審査制のスタート出展システム
    世界160ヵ国以上から2,000社が出展が出展。審査制。本国のスタートアップチームにより選ばれた企業のみが出展可。次のユニコーンを目指す企業が集結。
  • 政府サポートのもと開催されるイベント
    ポルトガル政府誘致のもと開催されているWeb Summit Lisbon。北米版Collisionやアジア版RISEも同様に政府サポートを受け開催されている。

詳細資料ダウンロードはこちら

MEMBERSHIP

Pivot Tokyoが主催するイベント情報・その他海外カンファレンスのツアー情報はこちらから。

CONTACT

Pivot Tokyoに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム