INTERVIEW

海外から日本へ。日本市場でみえたビジネスチャンスとはLikePay

There are more and more Japan-based startups which is founded by international community. Compare to the rest of the world, there are still less. Many companies and entrepreneurs aimed at Japanese market over the years, but we all aware that Japan is a difficult market to get in. This time, I had a great talk with Igor from LikePay. He shared how he came up with his startups and what was the struggle to have a company in Japan.
海外出身の方々によって設立された日本のスタートアップが増えてきています。世界の他の地域と比較すると、その数はまだ少ないです。多くの企業や起業家が日本市場を目指してきたましたが、日本は参入が難しい市場であることは皆さんも感じていらっしゃることかと思います。今回は、LikePayのIgor氏にインタビューの機会をいただきました。同氏がどのようにして日本でスタートアップを立ち上げたのか、日本で会社を持つことになって苦労したことは何だったのかを話してくれました。

スピーカープロフィール

Igor Voroshilov

CEO、LikePay
CEO、LikePay | From Russia. While studying at the University of Tokyo as an international student, he founded LikePay Inc. in August 2018. He and his team just launched new services, evalut.me.
イーゴリ・ヴォロシオフ
ロシア出身。留学生として東京大学大学院で学びながら、2018年8月に株式会社LikePayを創業。LikePayは最近新たなサービスとして、evalut.meをローンチ。
Pivot Your Business: Having a Different Point of View is a Plus
How did you come up with the idea for your startup you have?
このサービスはどのようにして思いついたのですか?
The main point is that how Japanese people use Instagram. I noticed that foreigners usually take pictures of themselves. They always take selfies to try to see how they are. However, Japanese people takes picture of what pictures of food, hair, nails and everything else but not themselves and that is really nice because it works as advertising, as a promotion for shops. People are doing that for fun not for monetization reason. I wanted to come up with the tool that will make everyone that they can be like influencers. In that way, I thought everyone can get some small benefits from doing these actions which shops need.

日本人がインスタグラムをどのように使っているかということに目を付けました。 外国人は普段SNS用の写真は、被写体が自分であることが大半ですが、日本人は食べ物やヘアスタイル、ネイルなど自分以外のものを撮影していることが多いです。また、多くの人はそれをマネタイズするためではなく、楽しむためにやっています。僕は、それが自然にお店の宣伝になっていてとてもいいことだと思いました。そこで誰もがインフルエンサーのようになれるツールを作りたいと思いこのサービスを開発しました。そうすることで、お店が必要としている小さなメリットを誰もが得ることができるのではないかと思いました。


What were the struggles to have a startup in Japan and how did you guys manage to do that?
日本でスタートアップを立ち上げるのに苦労したことは何ですか?
There are several problems. The first one is that communication problem with Japanese people. The culture is different. Japanese people tend to tell people what others want to hear not what they actually think of. That is why sometimes we have some situations where is everything looks good but not end in the right direction. Also, we had the problem with the regulations. When we wanted to set up our company, it was very difficult. We needed to send documents from other countries but the standard of Japan and then other countries was very different, so we had to come up with some kind of idea of which kind of documents substitute to Japan. The other issue was banking. We opened a bank account which took us over a month. We had to visit more than 10 banks before that.

いくつかの苦労したことがありました。ひとつめは、日本人とのコミュニケーションの問題です。まず文化が大きく違います。日本人は自分の考えていることではなく、相手が聞きたいことを発言する傾向があります。そのため、プロジェクトがうまくいっているように見えても、実際は全く良い方向に進んでいないということも多々あります。また、法律や規制の問題もありました。会社の設立手続きの時には、とても大変でした。他の国から取り寄せた書類を送る必要があるのですが、日本と他の国では基準がかなり違っていて、どの書類が日本に代わるのかということを考えなければなりませんでした。もうひとつは銀行の問題です。銀行口座を開設するのに1ヶ月以上かかり、それまでに10軒以上の銀行を訪問しなければなりませんでした。
Currently many business sectors are affected by pandemic. How is your business and how are you and your team are trying to adjust the market?
このコロナの影響でどんな影響を受け、どのように対処していますか?
We had many problems because of the pandemic. Our business is focused on shops, the restaurants, and the retailers, where it requires people to actually go to get the services. Because of the pandemic, it's old closed for some period. Many users and customers try to stay home and that is why we had a severe drop of activities in app. The good thing is that we got everything back in June. After the emergency state was lifted, people started to go all these places again, and luckily we got our activity back already. During those 2 months, we were thinking of what we can do and how we can secure our business. We actually came up with small function and we made it the new services.

パンデミックの影響で色々と問題が起こりました。私たちのアプリは、お客さん自身がサービスを受けるためには直接お店に行かなければなりません。パンデミックの影響で多くが一時閉店していました。多くのユーザーや顧客が外出自粛のため店舗への来店がなくなりました。そのため、我々のアプリのアクティビティが激減してしまいました。非常事態が解除され、人々が外出を少しずつ再開したことて、6月に数字も回復しました。自粛中の2ヶ月間は、自分たちに何ができるか、どうやって事業を確保するかを常に考えていました。実際に小さな機能を追加したのですが、それが上手く機能したので、新しいサービスとしてローンチしました。
Why did you choose Japan to have your company?
なぜ日本市場で勝負してみようと思ったのですか?
I always had the strong intention to build a business in Japan. It happened eventually. When I noticed those interesting points of how Japanese people use social media, we got the idea of the service. We felt like Japan is a good place to start for this kind of service because of how people use social media, and then we can go global. The good point of doing business in Japan is that if you are already in Japan, it's easier to adjust the market rather than coming from outside. The closeness of the market makes it strange but strong for the locally based companies. There are so many unique pricing system in Japan. For example, there are many companies which have the initial fee for their services (a lot in SaaS business), where you need to pay the set of amount of money at the beginning. The good point is that because of this closeness of the market, Japan doesn’t have the big foreign companies doing businesses strongly here. You can just look at what is going on in the world, and then try to adjust that in Japanese market.

日本でビジネスをやりたいという強い思いがずっとありました。日本人のソーシャルメディアの使い方の面白さに気づいて、サービスのアイデアが出てきたときにコレだと思いました。 日本人のソーシャルメディアの使い方を見て、日本はこういうサービスを始めるにはいい場所だと思いましたし、その後グローバルにやっていけたら良いと思ったのです。日本でビジネスをすることの良さは、外から来るよりも、すでに日本にいる人の方が市場に適応しやすいということです。 市場が保守的で閉鎖的だからこそ、現地に根ざした企業は強い。日本には独特の価格設定がたくさんあります。例えば、サービスの初期費用を設定している会社が多く(SaaSビジネスでは多い)、最初に決まった金額を支払う必要がある、など。 このように市場が良くも悪くも閉鎖的なことで、日本では大手外資系企業が市場を占領するまでにビジネスを展開しているわけではないのが良い点です。世界がどうなっているかを見て、それを日本の市場で調整しようとすればいいのです。

インタビュー動画

あとがき

「日本の保守的、閉鎖的な市場が良くも悪くもある」インタビューでご自身の経験を語ってくださったIgorさん。日本語もお上手で日本でビジネスしていく上での障害は一見少なそうに見えましたが、会社設立の際の国際基準と日本の書類の違い等様々なエピソードをお話してくださいました。日本が好きで、日本の良さも悪さもひっくるめてそれでもここでビジネスがしたいと思ってくれている人たちに何かもう少しオープンな施策はできないのかと考えさせられるインタビューでした。Thank you, Igor!!

インタビュアープロフィール

満木 夏子

Pivot Tokyo
Pivot Tokyo 主催。日本からグローバルに挑戦する人を増やすため、GKCorsという英語の幼児教室も運営している。世界最大級のテクノロジーカンファレンス、ウェブサミット日本事務局のレプレゼンタティブも務める。

Newsletter

Newsletterに登録して最新情報をゲット!

CONTACT

Pivot Tokyoに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム