INTERVIEW

【連載】教育で世界を変える 012

Pivot Tokyo 連載。APU所属の山崎主真氏。小学校一年生の時から2020年の9月まで約13年間ずっと野球をやっていた根っからの野球少年。きっかけは、高校2年生の時。都立高校からは唯一の東京都代表に選抜され、キューバに遠征した経験をもつ。現地で経済格差を目の当たりにし、将来は起業をして生まれの環境の影響で貧しい暮らしをしていたり、やりたいことにチャレンジできないという人に投資をする人になろうと決断。そんな同氏の日々の気づき、夢へのロードマップの記録。

スピーカープロフィール

山崎主真

APU
都立日野で高校野球東京選抜に選ばれる
野球推薦で大学進学も、心機一転退学。一からやり直して大学受験。今年APUに合格
東京都代表としてキューバ遠征に参加した際に、日本とキューバの経済格差を感じました。将来、教育を広めることによって経済格差を解消するという目標のもと、今を全力で生きている大学生です。
苦悩からの学び
今日はインターンシップ二日目だったのですが、やはり苦難の連続です。受験勉強をせずに東大の問題を解いているという感覚です。とはいっても、変化はありました。メールを送った先から返信が来たことです。スランプに陥っていた時に打ったヒットのような感覚でした。しかし、目標とする数字には到底足りておらず、自分自身の仕事の遅さに失望してしまいそうになります。生産性が低いという課題が見つかったように思えたので、生産性を上げるためにはどうしたら良いかを考えてみました。
まず思いついた原因は、「100%集中しきれていない」ということです。タスクをこなしている最中に他のことを考えてしまうということです。学校の授業のことや、食事のことを考えていることがあります。他のことを考えていると一つ一つの判断が遅くなってしまっているのではないかと思いました。また、「妥協点を決めていない」ということも原因としてあがるのではないかと考えました。
1つ目の、「他のことを考えてしまう」ということについては、授業のことやテストの勉強を先に終わらせていないということが原因だと思います。やらなくてはいけないことを先に終わらせることができていれば、そのことを気にすることなくタスクに向かえると思いました。
2つ目の、「妥協点を決めていない」というのは、企業についてリサーチをする際、ある程度を把握するだけでなく、100%理解しようとしているのではないかと考えました。そうすると、当然のことですが時間がかかってしまいます。私は昔から完璧主義で、少し手を抜いたりすることができません。どんなことでも100%を求めてしまいます。100%を求めることが悪いとは思わないのですが、その時に必要なこと以上を調べてしまっているように感じます。なので、これからは何を調べるのかをリスト化し、過不足なく情報収集するということを心がけようと考えました。
困難はこれからも続くかもしれませんが、これからうまく行くと信じて、全力で向き合いたいと思います。春セメスターはあと1週間で終わります。最後の週はテスト三昧、その次の週は期末課題とここからまた忙しくなります。しかし、自らに負荷をかけないで成長できるとは思っていません。手を抜くのではなく、今できる全力を出し切りたいです。

あとがき

インタビュアープロフィール

Newsletter

Newsletterに登録して最新情報をゲット!

CONTACT

Pivot Tokyoに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム