NEWS

5/19(火)16:00より、事業家/ToGEAR PTE.LTD. 加藤 順彦 氏へのインタビューセッションが決定!

Pivot Tokyo 2020の公式セッションへ、事業家/ToGEAR PTE.LTD 加藤 順彦 氏の登壇が決定しました。

シンガポール在住の加藤氏だからこそ感じる日本独特の流れや、
今後出てくる課題を”働く場所“や”社会人としてのリテラシー”という観点でインタビュー形式にてお話を伺います。

【実施日時】
5/19(火)16:00-16:30(日本時間)

【セッションテーマ】
東南アジアの視点から見る、日本の特殊性と“労働環境”に今後予想される変化とは

 

【スピーカー】

◆加藤 順彦 氏 (Yorihiko Kato)

事業家 https://HALCoMSC.CoM
1967年生まれ。大阪府出身。関西学院大学在学中にリョーマ、ダイヤル・キュー・ネットワークの設立に参画。1992年、有限会社日広(現GMO NIKKO株式会社)創業。2003年、LENS MODE PTE.LTD.設立。2008年、NIKKOのGMOインターネットグループ傘下入りに伴い退任しシンガポールへ移住。1997年以降、国内外80社超の日本人起業スタートアップにエンジェル投資してきた。2010年、シンガポール永住権取得。2017年、70年続く家業を承継し、持株会社ToGEAR PTE.LTD. をシンガポールに置く。現在の主な参画先はAGRIBUDDY、ビットバンク、VoiStock、金太郎Cells Power、アルビレックス新潟、Hi-So等。著書『シンガポールと香港のことがマンガで3時間でわかる本』(明日香出版社)等。2009年より関西学院大学商学部非常勤講師。

MEMBERSHIP

Pivot Tokyoが主催するイベント情報・その他海外カンファレンスのツアー情報はこちらから。

CONTACT

Pivot Tokyoに関するお問い合わせ

お問い合わせフォーム